肌に自身があった人も40代になってから急にシミが増えたという人も多いのではないでしょうか。

なぜ40代になるとシミが急増するのでしょうか?

実はちゃんと原因があったのです。

原因が分かれば対策方法や予防方法もわかってきます。

40代のシミの原因・予防・対策をしっかり理解し、若い頃の肌を是非キープさせましょう。



40代になったらシミが急に増えた!原因は何?

40代になると、10代20代にはなかった年齢によるさまざまな変化が体の中で起こってくるので、40代になって肌にシミやくすみといった肌トラブルが多くでてきます。

自分では気づかないうちに全身の血行不良や新陳代謝の低下が起こっています。

このような変化は皮膚にも影響を及ぼし皮膚のターンオーバーの周期が遅れる原因にもなるんです!

ターンオーバーが遅れると古い角質がどんどんたまっていくので生成されたメラニンがなかなか排出されなくなり、角質のメラニン色素が沈着していきます。

この色素沈着こそがシミになって肌にでてくるのです!

主にシミの原因になるのが紫外線の影響によるものといわれています。

若い頃は夏のシーズンになると海やプール、BBQなど外でのレジャーが増えますよね。

たくさん遊んでいたけれど日焼けはしてもそれがすぐにシミとして現れることがなかったので安心していた人がたくさんいたのではないでしょうか?

紫外線で受けたダメージは長い年月をかけて肌へと現れます。

40代になって急にシミが増えてきたなと感じてしまうのは、若い頃から受けてきた紫外線によるダメージが蓄積されて今になって肌へと現れてきているのです。



40代から初めてほしいシミ対策!日々の予防が重要です

40代になると、老人性の色素沈着が原因でのシミが多くなってきます。

これは紫外線が原因でなるので紫外線のケアをすることが最も重要です。

夏場に日焼け止めクリームを塗るのは皆さんほとんどの方がしていると思いますが、日焼け止めクリームを塗るのは冬場も塗ったほうがいいんです!

紫外線は365日、くもりの日でもあるので毎日の予防がとても重要になってきます。

また日焼け止めクリーム以外にも、外出する時は日傘をさしたり、UVカット効果のあるサングラスをかけたりと紫外線対策はしっかりとするようにしましょう!

夏場の暑い時期は汗をかくので、日焼け止めクリームがすぐに落ちてしまうなんてこともありますよね。

そんな時のことも考えて普段から常に日焼け止めクリームは持ち歩くようにすると良いですよね!

何回も塗るのが面倒だという方には、飲む日焼け止めもあります。

体の中から紫外線をブロックしてくれるので、心配な方は飲む日焼け止めも楽ですし、汗でおちるということもないのでおすすめです。

徹底的に紫外線対策をしたい方は、肌に日焼け止めクリームも塗って飲む日焼け止めも飲むのが一番効果的なのではないでしょうか。

一度できてしまったシミを消すのは容易なものではないので、日々の予防をしっかりしましょう。