日焼け止めがシミの原因になるって本当?!

紫外線から肌を守るために、日焼け止め対策は必須ですよね。

腕や足、顔などに日焼け止めをしっかり塗りたいところです。

しかし、日焼け止めの使い方を間違えると、かえってシミの原因になることがあるのです。

紫外線にはA派、B派があります。

やけどをのように肌を炎症させてしまうのがB波です。

化粧品や日焼け止めなどには、主にB波を防ぐような成分で作られています。

日焼け止めなどで「SPF」と書かれた表示がありますよね。

それは紫外線B波(UVB)を防ぐ力を表示しているのです。

この数値が高いほどシミ予防になるわけです。

SPFの他に「PA」と書かれた表示があります。

これは紫外線A波(UVA)を防ぐ力を表示したものです。

+が多いほど効果があるということです。

しかし、そこに落とし穴があります。

毎日海に行ったり、毎日サロンに行くなど、肌が焼けるような場所に行くときは表示されたものが高いほどシミが出来にくいですが、日常的にはそこまで強いものは必要ないです。

紫外線から守る効果が高いほど、肌には刺激が強いものです。

使用後もしっかり落とすようにしないと、肌荒れやシミやシワなどを起こす恐れがあります。

必ずしも強いものを使えばいいというものではなく、用途にあったものを選んで使いましょう。



日焼け止めでシミを作りたくない!日焼け止めの正しい選び方は?

シミが出来ないように、紫外線から肌を守るために塗っている日焼け止め。

日焼け止めの間違った塗り方でシミが出来てしまうなんていやですよね。

では、どんな日焼け止めを選べば良いのか紹介します。

日焼け止めにはクリームやスプレーなどがあります。

スプレータイプは、メイクの上からも簡単に使えますが、ムラが出来てしまうのが難点。

塗る前には必ずティッシュなどで軽く皮脂を拭き取り、スプレーをした後に手のひらでプレスしましょう。

クリームやジェルタイプは、手のひらで塗るときに摩擦に気をつけ、刺激を少なくするように押さえつけるように塗りましょう。

そして、さきほども述べた「SPF」と「PA」の表示をよく見て選びましょう。

日常生活ならSPF10、PA+。

屋外での軽井スポーツやレジャーならSPF20、PA++。

海や山、炎天下での活動ならSPF30~50、PA++~++。

用途に合わせてSPFやPAの数値が違う物を使うと効果的です。

効果を発揮するためには2~3時間おきに塗り直すことが大切です。

汗などで落ちてしまうと、塗ってあるところとムラが出来てしまうので、シミなどが出来やすいです。

海などの炎天下での活動時は、1~2日で使い切ってしまうほどたっぷり何度も塗り直す必要があります。

もし余ってしまってもワンシーズンで交換しましょう。