たまに「目尻にしわができるから、普段は極力笑わないようにしている」と言っている方を見かけます。

20代くらいの方でその様にしわ予防をしているということを耳にすると「そんなに若いうちから気にする必要あるの?」と思ってしまうこともあるのですが・・・。

しかし、中にはそんなことを気にせずとも30代・40代を過ぎてもしわが目立たず、いつも笑顔が眩しい方もいらっしゃいますよね。
そうなると

「目尻のしわって年齢でできるものじゃないの?」

「個人差があって、できやすい人・できにくい人もいるのかな・・・」

など、様々な疑問が生まれてきます。

今回は、そんな目尻のしわのメカニズムについて調査してみました!

アナタは目尻にしわができやすい人?それともできにくい人でしょうか??



目尻のしわができやすくなるのは「何歳から」?

まずは「目尻のしわができる年齢」について見てみましょう。

「何歳から目立ってきた?」という質問をしている掲示板を覗いてみると

「小学生の頃からずっと」

「妊娠してから」

など、生まれつきしわの出来やすい体質の方や妊娠や出産を気に体質が変化しできやすくなったなど、年齢は様々。

しかし、やはりその中でも一番多かったのは「20代後半から30代に突入してから」。

やはり、年齢を重ねるごとに目尻のしわが目立つようになってきたという方はとても多いようです。

では、何故30代に近くなると目尻のしわが目立つ・増えるようになってしまうのでしょうか?



年齢を重ねると目尻のしわができやすくなる理由は?

よくCMや美容系のテレビ番組で「肌年齢」という言葉を耳にします。

肌年齢は、当たり前のことではありますが年齢を重ねるごとにおなじく加齢し、徐々にハリや弾力といった「お肌を正常な形に保つ能力」を失っていきます。

つまり、30代以降目尻のしわができるようになる原因は「肌年齢の増加」なのです。

人間のお肌は表皮・真皮・皮下組織と3つの層に分かれています。

若いときにできる「笑いジワ」は一番外側の表皮にできるもので、笑っていないときは基本姿を現すことはありません。

しかし、加齢によるしわは真ん中の真皮にできてしまうため、放っておくことにより癖になってしまい、最終的に笑っていなくても元に戻ることのない深いしわになってしまうんです。

つまり、何故アラサーになると目尻のしわが増えやすくなるのかと言うと

「肌年齢が老化し始める平均年齢が30代前後」

であることが大きな原因だと言えるのです。



目尻のしわができやすい人・できにくい人の差は何?

ですが、だからといって30代を超えても全くしわができなかったり、年のわりにはしわが少なく、いつまでも若々しいお肌を保っているという方もいますよね。

実は、年齢肌の他にもしわができやすい人とできにくい人の特徴があるようなのです・・・!

目尻のしわができやすい人の特徴

・乾燥肌である

目尻だけでなく、しわができやすい人には乾燥肌である方がとても多く見られます。

服がしわしわになってしまったとき、スチームアイロンを使用したりお風呂場などの湿度が高い場所に干しておくとしわが伸びることを考えると理由がわかりやすいかと思います。


・外出時、紫外線対策をしていない

紫外線はお肌の弾力を奪う働きがあります。

お肌の表面だけでなく真皮層や皮下組織にまで影響し、それによってお肌が弾力・ハリを失い深く癖になりやすいしわを作り出してしまうのです。


・急激に体重が減った

ダイエットなどで、短期間で体重が急激に減少するのも、しわができやすくなる原因になります。

太ったことによって伸びた皮膚は大幅に痩せることで元の皮膚の状態に戻ることができず、余った皮膚がしわになってしまうのです。

目尻のしわができにくい人の特徴

つまり、しわができにくい人はこれらの特徴の逆、と考えるととてもわかりやすいでしょう。

・お肌がしっとりしている

・一年中、しっかりと紫外線対策をしている

・激しく増減せず、一定の体重をキープできている

また、この他にも

・表情が豊か

よく笑う、リアクションが大きいなど表情が豊かな方は表情筋をよく使っているため、年齢とともにたるみがちな顔の脂肪をしっかりと支えることができるため、意図せずとも目尻などのしわ予防ができるのです。

・優しいスキンケアを心がけている

しわを予防するためにはスキンケアが必須ですが、その際に過度なパッティングやゴシゴシと顔を拭いたり洗ったりすることでお肌にダメージを与え、逆にしわの原因をつくってしまうことがあります。

以上のような特徴があります。

特に最後の2つは、お肌に良かれと思い逆に「表情を変えないようにしている」「化粧水をしっかりとパッティングしてお肌に刺激を与えている」ということを心がけている方は多いのではないでしょうか?



まとめ

目尻にしわができやすい人、できにくい人には年齢以外にも生活習慣を中心とした様々な差があるということがお分かりいただけたでしょう。

きちんと予防をすることによって実年齢よりも5歳・10歳若い状態に保つことは、そこまで難しいことではないのです。

表面のケアも大事ですが、年齢肌の改善に一番大切なのは「お肌の奥からのアプローチ」。

最近目尻のしわが気になりだした、という方は一度生活習慣・ケアの仕方をいちから見直してみることをおすすめします。