しわ、それは女性の肌トラブルの中でも特に深刻な悩みのひとつですね。

深いしわが一本できてしまうだけでも一気に老け込んだ印象になってしまい、メイクでは隠すことができないため日々予防に努めているという方はとても多いことでしょう。

今回は、そんなしわの中でも特に深刻な「目尻のしわ」の予防方法についてご紹介します。

目尻のしわは他の部分と比べて量が多く老け顔の一番の原因となってしまうので、できるだけ早めに予防をしておくことが必要です。



原因によって目尻のシワの予防法は違う?

目尻をはじめ、顔にできるしわは生活習慣や年齢によって様々な原因があります。

そのため、人によって予防法もそれぞれですので「これをやったらどんなしわもできなくなります」という方法は存在しません。

ここからは、目尻のしわの原因と原因別の予防方法をご紹介しますので、現在のご自分のお肌の症状に当てはまるものから予防方法をチョイスしてみて下さいね。



原因その1「乾燥によるしわ」

乾燥肌、または保湿ケアをしっかりと行っていないと将来的に深いしわを刻み込んでしまう原因となってしまいます。

現在は全くしわがなかったとしても、年齢とともにピンと張ったお肌を保つことが難しくなってしまうため、ある年を堺に突然目尻にしわが増え一気に老け顔になってしまう場合も・・・。

乾燥じわの予防方法

乾燥が原因でできてしまうしわを予防するにはもちろん、しっかりとした保湿ケアをすることが必要となってきます。

まぶたや目の周りは皮膚が薄くとても乾燥しやすい部位です。

特にアイメイクをしっかりとしている方は目の周りを念入りにクレンジングするため、摩擦などの刺激からくるお肌へのダメージから更なる乾燥を招いてしまうことも。

目の周りのお肌を乾燥から防ぐためには、優しく丁寧な保湿ケアがカギとなります。


先にも述べたとおり、目の周りは大変皮膚が薄くちょっとした刺激にも過敏に反応してしまいます。

ですので、目の周りを保湿する際は「触れているか触れていないか」ぐらいの力で優しく化粧水をなじませてあげて下さい。

また、メイクを落とす際もゴシゴシ擦らず、優しく洗い流すように落とすよう心がけましょう。

そして最後は、乳液やクリームで水分が逃げないようきちんと蓋をしてあげることもお忘れなく。



原因その2「紫外線によるしわ」

前述の乾燥によるしわは、皮膚の表面にできるため比較的ケアがしやすいと言われています。

しかし、紫外線を浴びることによってできるしわはお肌の奥からできる深いしわであるため、一度できてしまうとなかなかケアが難しい厄介なしわとなってしまうのです。

先にもご紹介したとおり目の周りの皮膚は大変薄いです。

そのため、目の周りは特に紫外線の影響を受けやすくしわはもちろんシミの原因ともなってしまうため、日頃からの紫外線予防は老け顔防止の必須項目なんですよ!

紫外線じわの予防方法

紫外線による刺激からお肌を守ることが、一番の予防法です。

外出時は必ず日焼け止めをしっかりと塗ったり、ファンデーションや化粧下地もUVカットが施されているものを使用して極力お肌が紫外線の影響を受けないようにしてあげましょう。

また、紫外線対策は日差しの強い夏だけでなく、一年を通して行うようにして下さい。

特に曇った日は晴れた日よりも紫外線が強く、冬は雪での照り返しからくる「雪焼け」の心配もあるので、常に日焼け止めを携帯していつでも日焼け対策ができるよう準備をしておくことが大切です。

特に日差しの強い日はつばの付いた帽子をかぶったり日傘をさすといった物理的な紫外線対策もおすすめですよ!

長い時間外出した日は、しわのできる原因である活性酸素が体内で多く生成されます。

そういったときは抗酸化作用のあるビタミンC・ビタミンE・ビタミンAが含まれる食品を食べて身体の内側からもしわの予防をしてあげると良いでしょう。



原因その3「表情の変化から生まれるしわ」

顔をしかめたり、笑ったりなど顔がクシャッとなった際に現れるしわです。

若いうちは表情を戻すことですぐに元通りになりますが、年齢を重ねる事によってお肌が弾力・ハリを失い少しずつ折りたたみグセがつき慢性的なしわとなってしまうのです。

表情じわの予防方法

表情の癖を直すことが、表情じわを予防する重要なポイントとなります。

しわを防ぐために無表情を保ってあまり笑ったり大きな口を開けないという方がいますが、表情を作らないとお肌の脂肪や皮膚を支える筋肉が衰え、更なるしわやたるみを引き起こす原因となってしまうので「無理をして表情を作らない」ということだけはしないよう注意して下さいね!

鏡を見ながら、自分の表情にどのような癖があるのかをチェックし、それをあまり繰り返してしまわぬよう心がけるようにしましょう。

また、しわができてもきちんと元の状態に戻せる弾力・ハリを保てるよう、目の周りの保湿ケアもしっかり行うようにして下さいね。



まとめ

いかがでしたか?

しわには様々な原因があり、予防法も様々だとご紹介しましたが、今回ご紹介した3つの原因が全部当てはまったという方はとても多かったことでしょう。

つまり、この3つの方法をきちんと日頃から心がけることによって、100%とまではいきませんがかなり多くのしわの原因を排除することが可能となります。

しわのないときからの予防が、深いしわを防ぐ重要なカギとなりますので、あまり楽観視はせず日頃からしわに備えたこれらの予防法をしっかりと行うように心がけましょう!