日焼けってなかなか防ぐのは難しいです。

どんなに気を付けていたつもりでも、長時間外にいるとどうしても焼けてしまいますよね。

日焼け後の肌には、ニベアがいいって聞いたことがあります。

でも本当に大丈夫なのかな、って思いますよね。

特に、真っ赤になってヒリヒリした状態だと塗るのはためらってしまいます。

本当にニベアが日焼け後のケアにいいのか、調べてみました。

なるほど~という結果でしたので、ご紹介しますね!



日焼け後のお肌ケアにニベアが使える!でも注意点あり!

ニベアは日焼けした肌のケアに向いているクリームでした。

日焼けをした肌は、とても乾燥しています。

その理由は、紫外線で皮膚の細胞が傷ついているからです。

そのため。皮膚内部の水分がドンドン蒸発し、お肌に水分を保つことができないからなんです。

乾燥のケアで一番重要なのは「保湿」です。

ニベアは保湿にとっても優れています。

なので、日焼け後の乾燥した肌のケアにはとってもむいています。

でも、注意点がありました!!!

日焼け後の乾燥した肌のケアにむいているニベアですが、「こんな時は使っちゃダメ」という注意点があります。

日焼け直後の状態の時には、ニベアをつかうことはおすすめできません。

「肌が真っ赤な状態!」
「ヒリヒリしてすごく痛い!!」
「肌がすごく痒い!!」

このような状態の時には、ニベアをつかうのは止めましょう。

ニベアを使うのをおすすめできるのは、ある程度日焼け後の肌の状態が落ち着いてからです。

なぜなら、ニベアには日焼けの症状をを治す効果はないからなんです。



日焼けの症状を治すことはニベアにはできません

ニベアは薬ではありません。

そして、日焼け専用のクリームでもありません。

だから、日焼け後の「ヒリヒリ感」「赤み」といった症状を治すことはできないのです。

日焼けというのは、「火傷(やけど)」と一緒です。

ちょっとした火傷であれば、熱湯や熱いお鍋を触った時よりも「深度」は浅いといわれています。

でも、炎天下の中、長時間日にあたった後の日焼けは、症状も深刻です。

肌がヒリヒリして赤くなるだけでなく、「水ぶくれ」ができることもあります。

もっとひどい場合には、皮膚の症状だけでなく、体調まで崩すこともあります。

熱射病のような症状が出る人もいます。

火傷をしたところに、ニベアは塗りませんよね。

日焼けも一緒です。

塗ってしまうと、むしろ症状が悪化することもあります。

傷ついた肌がニベアに反応し、ひどい痒みで苦しんだ・・という記事も見ました。

日焼け直後の、症状がきつい初期症状の時にはニベアはぬらないようにしましょう。

使うとしたら、日焼け直後の肌専用のものにしましょう。

低刺激な保湿ジェルやローションなど、いろいろな商品が出ています。

かなりひどい日焼けの時には、皮膚科などで診てもらいましょう。

塗り薬などを処方してもらえます。

炎症を長引かせないことは、とても大事です。



日焼けした肌のケアにニベアを使うならどのタイミング?

日焼け後の肌のケアにはニベアはむいてます。

でも日焼け直後にはNGです。

ヒリヒリした状態
赤みのある状態
熱を持った状態
痒みがある状態

このような時は、肌が炎症を起こしている状態です。

炎症のある時期にニベアを使うのは避けてください。

使うタイミングとしては、これらの症状が落ち着いてから。

日焼け後のケアでニベアが実力を発揮するのは、肌がカサカサになってしまってからです。

熱や赤みはひいたけど、乾燥して皮がむけてきた・・・という状態になってきたら塗っても大丈夫!

しっかり保湿をし、お肌の潤いを取り戻してあげましょう。



まとめ

ニベアは日焼け後に乾燥してしまった肌のケアにむいてます。

乾燥してしまった肌の保湿に、効果を発揮します。

でも、日焼け直後のヒリヒリ感・赤み・痒みなどを治すことはできません。

保湿に関しては、もう折り紙付きですのでいうことないですよね!

使うタイミングを間違わずに、上手に使いましょう!