女性なら誰もが憧れるくすみのない透明感のある肌。

でも、
「透明感を引き出すためには何をすればよいの?」
「高価な化粧品を使えばよいの?」
など気になることも様々。

そこで、今回は透明感ある人の多くがやっているスキンケアを分析してみたいと思います。



原因は一つではない!肌に透明感を引き出せない理由とは?

実は透明感のない肌には様々な原因が重複している可能性が高いのです。

以下にくすみを生み出しやすい原因をピックアップしてみましたが、あなたは思い当たる節はありませんか?

ターンオーバーの乱れ

私たちの肌は通常28日周期で生まれ変わる「ターンオーバー」が行われています。

ターンオーバーが正しく行われることで、新しい細胞が生まれ、肌の層が作られていき、肌表面の古い角質は垢となって剥がれていくというリズムになっています。

しかし、日々の睡眠の質や乱れた食生活などの生活リズムやスキンケア不足によって、ターンオーバーが乱れてしまい、剥がれるべき角質が剥がれ落ちずに溜まっている状態では、肌はくすみ、透明感のある肌には程遠くなってしまいます。

紫外線

日々の紫外線ダメージによって肌に色素沈着が起こり、くすみが積み重ねられます。

紫外線対策は日差しが強い夏場だけでなく雨や曇りの時・室内に居る時も行うことで紫外線ダメージを軽減することができます。

血行不良

顔や首・肩をはじめ全身の血行が悪いことも肌のくすみを招く原因の一つなのです。

血行が悪くなると肌の新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーの乱れに拍車をかけてしまいます。

その上、血行不良はリンパの流れも悪くしてしまうため、肌のくすみだけでなくむくみや他の肌トラブルを招く原因ともなってしまいます。

糖化

食事などで摂取した余分な糖分がタンパク質と結合し、老化物質が発生してしまう「糖化」。

その結果、肌の細胞が老化し、ハリや弾力が失われるだけでなく、肌の色が黄色くくすんでいくことも明らかになっています。



透明感のある肌の人の多くがやっているスキンケア

では、透明感を引き出すにはどのようなスキンケアを行えばよいのでしょうか?

古い角質や汚れを定期的に落とす

古い角質が肌の表面に蓄積された上にターンオーバーが乱れていると肌はくすんで見えるだけでなく、化粧水などの浸透も悪くなってしまいます。

そんな時は、普段の洗顔で落としきれない古い角質をスクラブ洗顔やピーリング石けんなど取り除くようにしましょう。

ただし、やりすぎは肌へ刺激となり大きな負担となるので、月に1回もしくは2回程度の使用にしましょう。

血行を良くする

血行が良い状態とは、肌を育む栄養や酸素が血液によって定期的に運ばれる状態です。

しかし、体が冷えたり寝不足が続くと、血行が滞り肌はくすんでいきます。

まずは、しっかり湯船に浸かり、お風呂あがりなどにマッサージを行うことで血行を良くしましょう。

お風呂上がりのローションパック

肌がくすんで見える人の肌は水分量が25%以下と言われているのに対して、透明感ある人の肌の水分量は40%以上と言われています。

そんなみずみずしい肌を手に入れるためにおススメなのが、入浴で血行を良くしクレンジングと洗顔で水分の入りやすい肌にした後に行う「ローションパック」です。

ローションパックは、コットンや手でパッティングよりも水分の吸収率が高いことが特徴で、パック後は乳液や美容液などの油分でフタをしてあげましょう。

美白効果がある成分のスキンケアアイテムを使用する

くすみ対策に効果的な美容成分は、「ビタミンC」「アルブチン」「プラセンタエキス」「トラネキサム酸」などです。

是非、スキンケアアイテムを購入する際にはこれらの成分が配合されているかをチェックするようにしましょう。