メイクをしたばかりのときはバッチリキマっているはずなのに、暫く時間が経つと笑いじわにファンデーションがたまって一気に老け込んで見えるようになってしまう・・・。

この「笑いじわによるメイクのよれ」にお悩みの方はとても多く、10代後半や20代といった若い世代の方の間でもかなり深刻な問題なのだとか。

今回は、そんな口周りのファンデーションが笑いじわにたまってしまう原因と、ファンデーションがたまりにくくなる方法についてご紹介します!



笑いじわにファンデがたまる原因とは?

笑いじわにファンデがたまる原因、それはファンでの厚塗りも考えられますが一番は「乾燥」にあると言われています。

口の周りは顔の皮膚の中でも乾燥しやすいデリケートな部分で、しっかりと保湿を行っていないと肌が必要以上に皮脂を生み出してしまいます。

メイク後に皮脂が分泌されると、せっかく綺麗にしたメイクがドロドロになってしまいますよね。

そうすると、どんどん溝になっている口元の笑いじわによれたファンデがたまってしまい・・・。

つまり、ファンデを笑いじわにためないようにするためには、メイク前のスキンケアがとても重要なのです。



笑いじわにファンデがたまりにくくなる口元のメイク方法

では、ここからはファンデが笑いじわにたまりにくくなる口元のメイク方法をご紹介します。

しわにファンデをためないためには、メイク方法を変えるだけでなくその前の準備からがとても大切です。

メイク前の保湿が重要!

最初にも述べましたが、ファンデが笑いじわにたまる原因は「乾燥により分泌された皮脂」です。

メイク前は、顔全体の保湿はもちろん、口周りの保湿は重点的に行うようにしましょう。

強くこすることによって慢性的な乾燥を引き起こしてしまう危険性があるので、口周りは特に優しく保湿してあげるようにして下さい。

また、化粧水だけではせっかく保湿した水分がすぐに蒸発してしまうので、最後は必ず乳液で蓋をしてあげるようにしましょう。

下地はかならず使うべし!

ファンデを塗る際、必ずその前に化粧下地を使うようにして下さい。

下地処理を行うことで、メイクが乗りやすくなるのはもちろん、お肌の乾燥を防ぐことにも期待ができるのです。

現在下地を使っていないという方は、是非ドラッグストアで安いものでも構いませんので化粧下地を購入することをおすすめします。

口元のファンデの塗り方はこうやる!

口元のファンデは、なるべく厚塗りはせず薄めに塗ることを心がけましょう。

いくら保湿をしたからといっても口元はもともとメイクがとてもよれやすい部分です。

あまりファンデを塗りすぎてしまうとやはり最終的には笑いじわにたまってしまいますので、しわを隠したい気持ちをぐっとこらえて、今までよりファンデを塗る量を抑えるようにしてみましょう。

そうすることで時間が経っても笑いじわにファンデが溜まりにくい、綺麗なメイクを保ちやすくなります。



まとめ

今回ご紹介したことを簡単にまとめると、笑いじわにファンデーションをためにくくするには

・乾燥しやすい口元の保湿をしっかりと行う

・メイクには下地を使い、ファンでは厚塗りしない

この2点に注意するようにして下さい。

特に保湿に関しては、毎日の積み重ねがなければあまり効果は発揮されません。

少々面倒に感じることもあるかもしれませんが、メイクをする際は必ず口元を中心に保湿ケアをして、乾燥を防ぐことを心がけましょう!

メイクアップアーティストの山本浩未さんのアドバイスはコチラです!

ぜひ参考にしてみてくださいね。