年齢を重ねるごとに「ニコっ」と笑うと口や目尻に出てきてしまう「笑いジワ」。

それをチャームポイントとする方もいますが、やはりしわ自体が歳をとったことをイメージさせてしまうため、あまり良く思わない方のほうが多いですよね。

今回はそんな厄介な笑いジワができてしまう原因を調査してみました!

笑いジワは放っておくことによりどんどん深いクセができてしまいます。

取り返しがつかなくなる前に、しっかりと対策・予防を行えるようにしておきましょう!



笑いジワができてしまう原因って何が考えられる?

まずは、何故しわができてしまうかについて見てみましょう。

しわは主に肌年齢の低下によってできるものです。

年齢を重ねることにより、お肌の弾力やハリを保つ働きが弱まりしわができやすい肌になります。

更に年齢を重ねたお肌は紫外線や乾燥の影響を受けやすくなるため、紫外線対策やしっかりとした保湿を行わないことによって、よりしわができやすくなってしまうのです。

他にも、現代社会特有の原因でしわができてしまう、という方も増えてきているようで、まだ若いのに笑うと目尻にしわが集中してしまうという方も・・・。



現代社会特有の笑いジワの原因があるんです!

スマホやパソコンを長時間使用している

仕事や趣味でパソコンやスマホを長時間使用する方は目尻のしわに要注意!

長時間画面を凝視することによって、目の周りの筋肉が疲れ切ってしまいます。

筋肉が疲れると血流が悪くなり代謝が落ち、目元の皮膚だけがどんどん老化していってしまい、口元やおでこは普通なのに目だけがしわしわということにも・・・!

また、目の周りの筋肉だけでなく側頭筋(お肌を引っ張ってくれる筋肉)も同時に疲れてしまいお肌の皮膚を支えられない状態となってしまいます。

過度なストレス

最近、女性の社会進出が目覚ましい時代となりました。

それに比例するように、仕事などで大きなストレスを抱える女性も増えてきています。

程よいストレスは生きていく上で必要なものですが、必要以上にストレスを抱える事によりお肌の加齢を進行させてしまう活性酸素が普通の人よりも多く体内で生成されてしまうため、最近は年齢よりも肌年齢が老けているという方が増えてきているようです。



消えなくなった笑いジワは治すことができる?

以上の原因により、笑いジワができやすくなり最終的には笑っていなくても目尻のしわやほうれい線が目立つようになってしまいます。

そうなる前にケアをするのが一番良いのですが、やはり多くの方はしわが深くなってしまうまで放置してしまうことが多いですよね。

深く刻み込まれてしまった笑いジワ、解消方法はあるのでしょうか?

残念ですが消えなくなってしまった笑いジワ、つまり「深く刻まれてしまったしわ」はセルフケアで改善することはとても難しいと言われています。

深いしわはお肌の表面ではなくそれよりも奥の真皮からできているしわであるため、しわ予防の化粧水などでケアをしたとしてもハリを取り戻すことが困難なのです。

深くなってしまったしわは皮膚科や美容整形など、医学的な力を利用することで改善は可能ではあるのですが、お金がかかるためできるならばそうなる前に改善・予防をしておきたいですよね。



まとめ

いかがでしたか?

笑いジワができてしまう原因は、加齢だけではなくストレスや目の酷使などの生活習慣も関わってくるため「まだ若いから」とのんびり構えていると、いつの間にか深く改善ができない深いしわになってしまうという場合もあるのです。

そうならないためにはやはり「事前の予防」が大切になってきます。

紫外線や乾燥の予防はもちろん、目を使いすぎたときにはホットアイマスクを使ったり頭皮マッサージで目の周りやお肌の皮膚を支える筋肉をほぐしてあげるなど、日頃からしわの原因を徹底的に排除してあげましょう。

しわは生活習慣病と同じく、日常生活の習慣と密接な関係にあります。

笑いジワが癖になりそうで心配という方は、美容法を改善するだけでなくまずは健康的な生活を送れているかという部分から見直してみてはいかがでしょうか!